日本語のpodcastについては

アイツーンズでいろいろ無料のpodcast があります。聞いてみたい人は次の指図通りして下さい。 まず、itunesがなかったら、http://www.apple.com/itunes/download/ というページに行ってダウンロードしなさい。 アイツーンズで「iTunes store」を選ぶ。ページの下の方の「My S…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

私と日本語

最初のブログの記事で書いたようにここで日本語を勉強している理由を説明するつもりです。日本の中世の仏教を研究したいです。言うまでもない日本語だけにとどまらず文語も漢文もならなければなりません。もっと正確に中世の仏教の思想史に興味があるんで、そのなかでまだ特別な論文のトピックが有りませんですが考えがある。 一つの考えは、日本中世仏教に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

先生にの返事

僕はブログで「十人十色という考え方で社会を見るんですけど僕はちょっと違うように社会を分かる」と書いてから先生は「どういうことですか。もう少し説明してください」とお書きになりました。日本語が下手ですからちょっと説明しにくいですが説明してみよう。十人十色という考え方は to each man his own として解約釈した。その解釈は正し…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

私にとって携帯電話とは

私ははなはだ心外なことには携帯電話があります。ニューヨークにくる前に携帯電話があることはなかった。そしてニューヨークに着いてすぐに妻は携帯電話を買うとき二つの携帯電話を買って僕は妻に一つを貰った。ニューヨークに住んだらいつでも警察に電話できる事もあって携帯を持って行くほうが安全だと妻は言った。僕は歩きながら電話で話す事はあまり安全な事じ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

私の諺

私の諺は「石橋を叩いて渡る」というのです。 読み方は「いしばしをたたいてわたる」です。 意味は「堅固な石橋を叩いて、堅固さを確かめてから渡る。用心の上にも用心するたとえ」です。広辞苑第六版でこの定義を探索しました。 自分の言葉で「状況は全く安全らしくたって、安全さを証明するようにするほうがいい」という意味です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

唐辛子の最近の歴史

じゃ。も一回ブログを書く時間になりました。だいたいブログを書くと日本の事について書くんですが今日その普通の仕方で有るのに対しては別なことについて書きたいんです。最近に唐辛子について考えていた。現在タイ料理とインド料理にかけてはほとんどの人々はすごい辛いだという考えが出すらしい。証明のためにインドの南の方にまたタイにいったら辛い物はたくさ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ニューヨークと私

「私とニューヨーク」。 ニューヨークに来た前に大きな都市二住んだことはあるんですがニューヨークの大きさ都市ではなかった。例えば四年前に二年間シカゴに住んだ。米国の第三番目大きな都市としてかなり大きいです。例えばアメリカには第二番目広大な公共輸送機関体制はシカゴのです。しかし、ニューヨークのほうがおおきいなあ。シカゴに住んでいた間に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

紹介

初めまして、私はルークと申します。今コロンビア大学の大学院の東亜科学私の一年生です。私はインドヨローパ人です。今北アメリカに住んでいますが祖先はユーラシアの間中のひとだかも知れません。専門は日本の宗教です。平安と鎌倉時代の仏教を研究するために日本語を勉強しています。今英語でもその頃の日本仏教について研究がありますが日本の研究者の記事を読…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more