私の食べた変な食べ物

私の食べた変な食べ物。

高校を卒業してから農場の仕事の経験するためにガーナの三つの有機栽培の農場に働きに行きました。 ホホエという町の近くにある農場に働いていた間に農場にある村の葬式に招かれてなりました。とてもうれしかったです。言うまでもなく行きました。

ところで、外国人によってどこでもに行ってもひどく場違いでありました。それに皆さんは私をやさしく扱いていつも一番高く買われた食べ物を差し上げました。

さて、葬式は午後七時ころ始まるはずでした。その日私は百姓さんも畑に行かず朝から家でのんびるしていました。三時ばかり村に住んでいる男が家に来て私に私をだれかの家に招かれてなったと言うことを知らせてくれました。

招いた家族の家のに着いてから「テーブルに座ってください」と言われて私はじきに立場を悟ってきました。これは食事に招いたことでした。

その後間もなくお母さんはとても熱い食事を持ってきました。皿に湯気が出るほど熱いヤギの内蔵が有りました。全くおいしそうじゃありませんでした。

ところで、広い心なくしてほかの文化をよく分かることができません。このように考えて「頂きます」とかを言ってよく感謝をしながら全部を食べてしまいました。私はガーナの方なれば本当の美味ですが私にとって変な食べ物でした。

"私の食べた変な食べ物" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント