将来の目標とそのための今学期の目標について

私には今学期の一般的な目標はもちろん日本語を習うことですが、 もっと明確な目的もあります。

まず第一に、使い方が分からない表現と言い方と語彙などを使わないように努力するつもりです。なぜなら、 第二言語を習得すると、 不正確な使い方を深く根づく危険性が高いです。 正しくやさしい日本語で話す方が文法的な間違いが多い込み入った日本語を使うよりいいでしょう。 隠喩と言えば、 三階がある建物が造られると、 最初に一番下の一階が造られなければならないと言えます。 同じように、 簡単な言い方と語彙を使ったら、 日本語のしっかりした基礎ができるはずです。

この目的を達成するように、 現時点までに習った表現ばかりを使うつもりです。 それに、 表現を使うと、 日本語文法辞典でその表現の使い方とニュアンスを引きます。

第二の目標は習った表現をリストアップするのです。 ある表現を習ったら、すぐによく覚えて、ブログと宿題を造る時に、上手に使えます。 でも、一週、 二週、また一ヶ月が過ぎながら、 日本語で書く時、 その習った表現を使い忘れることになりましょう。 リストがあればリストを参照することができます。 前のレッソンと学期の表現とかを忘れないし、 自分の表現を正しく使う能力に対する範囲が広くなります。

言うまでもなく、 目標を達成するために、 表現と語彙などを習うとともに、それぞれをリストに加えなければなりません。

この記事へのコメント

シンティン
2009年02月03日 12:01
Lukeさんの目標はとても確実なと思いますね。とりはけ最初の目標について私もそう思います。「第二言語を習得すると、 不正確な使い方を深く根づく危険性が高いです。」日本語を使う時、時々母語のロジックが浮かんで、不正確に使ってしまいました。Lukeの日本語はだんだん進歩してきました。私はその感じがあります。
2009年02月06日 00:31
>第一に、使い方が分からない表現と言い方と語彙などを使わないように努力するつもり
>現時点までに習った表現ばかりを使うつもり
それは確かに安全な使い方ですね。特に知らない言葉を辞書で調べてすぐ使うのはとくにリスクが高いですから、気をつけたほうがいいと思います。ただし、習ったことばを使うのはいいことなので、使う前に、グーグルして、どういう風に使われているか調べてから使うというのはどうですか?私は英語で言い方に自信がないとき、よくそれをします。もちろんどんな文脈(ぶんみゃく, context)かよく読まないといけませんけどね。

習った表現をリストアップすること。
リストにすると、たしかに習ったものを意識的に使おうとすることができていいでしょうね。そのリストをブログに載せたらどうですか。そうしたらどこでもそのリストを見られるし、便利だと思いますが。。。。




この記事へのトラックバック